新しい仕上げ台を導入しました。

アイロン仕上げの生命線である仕上げ台を導入しました。


新しく導入した吹き上げ仕上台

縫製メーカーでは、ほとんど導入されているようですが、クリーニング店ではあまり吹き上げ式の仕上げ台を導入されたいませんでした。

吹き上げ式の仕上げ台とは、旧来からある下へ吸い込むだけのものに加え、下から空気を吹きあげる仕上げ台です。

下から吹き上げられた背広の裾

なぜ、吹き上げ台がよいか・・
一般に洋服は丸みがあります。下からの吹き上げを利用しながら仕上げをすることで丸みをおびた仕上がりが可能になります。そして”アタリ”と言われるアイロンでのテカリが少なく仕上げることができます。
  そして当店ではワンランク上の袖馬のついた吹き上げ台を導入して袖の部分も今まで以上の仕上がりでお客様に提供できるようになりました。

これからは、吹き上げ台の長所を利用して今まで以上の仕上がりでお客様に喜ばれるクリーニングを目指したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です